凍結口座のお金
を引き出したい
あなたに緊急案内!

亡くなった方の預金の払い戻し手続を代行いたします。

銀行に行く必要はありません

面倒な手続を丸投げできます

凍結口座の預金の払戻手続は、訴訟や確定申告、特許出願、登記申請等と同様、頑張ればご自身で行うことは可能です。時間がある方は挑戦してみてください。
そのような時間のない方、預金相続手続を行うための知識・経験が不足している方は、当事務所に丸投げしてください。面倒な手続は全て引き受けます。
ちなみに、この手続にかかる費用は、亡くなられた方の預金口座のお金で精算させて頂きますので、あなたが費用を負担する必要はありません。
これで、銀行での長い待ち時間からも解放され、心配事が減って、安心して眠れます。
いますぐ!ご連絡ください。
 

こんなときは、お電話ください

・銀行に行く時間がない
・調べたけど、よく分からない
 
当事務所は、凍結口座の預金相続の手続を専門としております。
凍結口座の預金の払い戻し手続に関するご相談は何度でも無料です。

戸籍謄本等の収集

役所で被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本や住民票(除票)の写し、相続人の戸籍謄本などの法定相続情報一覧図の保管の申し出のための添付書面を収集します。

法定相続情報証明の取得

法定相続情報一覧図の保管の申し出のための書面を添付し、法定相続情報一覧図と申出書を作成して、法務局に申し出を行います。

 

銀行窓口での手続

預金相続の手続に必要な書類を窓口で提出し、預金引き出しの手続を行います。

 

その他の手続

遺産分割協議書や遺産分割協議公正証書の作成、疎遠な親族への手紙の案文作成なども対応可能です。 

 

依頼するメリット

貯金相続の手続を専門家にご依頼いただくことには、次のようなメリットがあります。
 

自分で銀行に行く必要がない。

預金口座の相続手続には、銀行に何度も行く必要があります。銀行の窓口は午後3時で終わりなので、口座がいくつもある場合には、すぐに何日も経ってしまいます。
貴重な有給休暇を銀行での待ち時間に空費するのは馬鹿らしいですし、もしも書類の不備等があれば、さらに何度も銀行へ行かなければなりません。
行政書士は、あなたの代理人として銀行に行き、預金口座の相続手続を行うことができます。銀行での長い待ち時間や面倒な手続を丸ごと任せられますので、会社を休む必要はありません。
なお、故人名義の証券口座にある株式や債券、投資信託等の名義変更の手続を代行することも可能ですので併せてご相談ください。


戸籍謄本等の取得から全て丸投げできる。

預金口座の相続手続を行うためには、故人の出生から死亡までの戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本や、相続人全員の戸籍などが必要になります。
これをご自身でやるとなると、郵送ベースで進めるにしても、完璧な書類を作成し、封筒・切手や返信用封筒を揃え、免許証をコピーしてきて、定額小為替を4時までに買いに行って…といった作業をすることになり、かなり面倒くさいはずです。なお、故人が実は何度も転籍していたとなると、この作業を何度も繰り返すことになります。
これに対し、預金口座の相続手続を行政書士に丸投げしてしまえば、行政書士は書類作成・法的手続の専門家ですから、書類の不備で手続が遅れる心配はありませんし、戸籍謄本等の収集も速やかに進みますので、余計な心配事が1つ減って気持ちが楽になります。


遺産分割協議書作成も丸投げできる。

預金口座の相続手続には、遺産分割協議書が必要になることがあります。この場合、遺産分割協議書に不備があると、銀行では受理されません。当事務所では、預金口座の相続手続のために必要な遺産分割協議書の作成も低額で承っておりますので、安心してご依頼ください。

 

あなたにご負担いただく作業

手続に必要な情報をお伝え頂いた上で、以下の作業をお願い致します。
① 相続人全員の印鑑証明書をご用意ください。
② 当事務所で作成した委任状等の書類に押印する必要がありますので、実印をご用意ください。

 

預金相続手続ご依頼の流れ

預金相続手続のご依頼の流れは、以下のとおりです。

お問い合わせ・ご相談

まずは、お電話またはメールにてお問い合わせ下さい。家族構成等を聴き取り、必要な情報や費用等の説明をさせていただきます。
 ↓

ご面談

預金通帳、印鑑証明等をお預かりし、押印箇所へ実印にて押印いただきます。ここでも、ご不明点や不安に思われていること等をお聞かせ下さい。
 ↓

戸籍謄本等の取得

預金口座の相続手続を行うためには、故人の戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本や、相続人全員の戸籍などが必要となりますが、これらを取得する手続を全て当事務所が代行いたします。
 ↓

銀行窓口での手続

相続届、相続確認表、相続手続請求書、法定相続情報一覧図、印鑑証明書、通帳、委任状などの書類を窓口に提出し、手続を行います。
 ↓

預金引き出し完了

故人の口座に入っていたお金が払い戻されます。ここで費用を精算いたします。
 ↓

アフターフォロー

凍結口座から無事お金を引き出した後においても、相続手続に関し、または相続以外のことに関しても、お気軽に電話またはメールでご連絡いただければ、何度でも対応させて頂きます。
 

料金・費用

1.預金の払い戻しにかかる費用

項目 費用(税別)
 預金相続手続 1口座のみ  60,000円 
 預金相続手続 2口座 80,000円 
 預金相続手続 3口座以上
(1口座あたり)
30,000円 
 遺産分割協議書作成 20,000円 

2.その他の費用
(1)日当
 片道2時間以上の出張の場合
   1回 20,000円
(2)実費
 以下の費用は、計算を示して、実費を請求させて頂きます。
 ・役所へ支払う印紙代・手数料
 ・遠隔地へ出張の場合の交通費
 ・郵券代
 それ以外の実費は原則として手続費用の中に含まれているものとします。

事務所について

 




 預金払い戻し専門



 しばはら法務事務所



 預金相続手続・契約書・公正証書の作成



 名古屋市中区錦一丁目17-13 名興ビル2F



 フリーダイヤル:0120-32-2288
 代表者直通     :090-2268-4848



 052-308-3958


 sibapop@gmail.com


 柴原 隆宏  Shibahara Takahiro

 平成14年 行政書士登録(第02193403号)
 愛知県行政書士会所属(第03682号)

 松井秀喜選手と同じ昭和49年生まれ。
 日立製作所に入社するも、すぐに辞めてしまい、寮からも追い出される。
 その後8年間、建設会社で現場作業や現場監督に従事する。
 その傍ら、独学で法律を勉強し、法務担当者へ転身。
 化粧品会社の法務責任者として、訴訟業務、知的財産業務、契約書の作成・審査、公告法務、個人情報保護、登記申請、法律相談等の法務実務経験を積む。
 現在は凍結口座の引き出しを専門とする行政書士。

・「知る」ことは「知らないことが増える」ことである。
・唯一の復讐の方法は、彼らよりも楽しく生きることだ。



 民事法

 
定休日 なし
午前 10:00 ~ 午後 9:00

 

 
しばはら法務事務所
(C)2018 Shibahara Legal Office All Rights Reserved.